Live and let live.


by ek_cat5

SNSはすごい

様々なSNSが世の中には存在するけれど,ここ最近ほどその素晴らしさ(??)を実感したことはない.
今までは演奏会に行って,あわよくば(あえてこう書くが)サイン会等でお声がけできれば万々歳という状況が,少々変わった.
演奏家の皆様と聴く側のこちらとしては,素晴らしい演奏を聴かせていただいて帰途につくだけでも嬉しいのだが,SNSを通じて詳しめの感想を伝えることができるようになった.
演奏だけではなく,趣味のものや日常のちょっとしたことなどを垣間見ることができるのも何だか嬉しい.という単なる(ミーハーな)ファン心理.
このことだけで,向こう1ヶ月くらいは元気に過ごせそうな気がする.

[PR]
# by ek_cat5 | 2017-09-25 09:43 | 些末なつぶやき

なとなく

自分が嫌われたくないという訳ではなくて,自分が嫌いになりたくなかったんだろうな.
と数日前の自分の感情について推し量ってみる.

[PR]
# by ek_cat5 | 2017-09-22 09:15 | 些末なつぶやき

本日より授業開始

昨日はフルートとチェンバロの素敵なバロック時代の音楽に癒されました.

今日から授業が始まります.
前期の2コマに対して,後期の5コマは一体どうなるのやらよく分かりませんが尽力しましょう.

自分の2010年の論文が今年出ていた論文で引用されていたのを発見(嬉).

論文も頑張りましょう.
あのネタとあのネタと.今年中にひとまず投稿まで行きたいところ.

[PR]
# by ek_cat5 | 2017-09-21 10:04 | 日常

ボランティア精神

毎週お邪魔している某研究室のミーティング.
昨日は終了後に帰ろうとしたところ,ひょんな事でM2の3名の雑談をしばしば.
そのうちの1人が元交際相手との最後の方はボランティア精神で付き合っていたようなものだったと回想していたら,別の1人が敬老の日の祭日に,それほど好きでもない人とほぼ1日行動していてボランティア精神で乗り切った,と仰っていた.
全体的に笑い話で収まっていたので,面白かったのだけれど.
自分が誰かを「ボランティア精神」で振り回さぬよう気をつけなければ...と改めて思った次第.

[PR]
# by ek_cat5 | 2017-09-20 08:29 | 日常

周波数

人間関係において,周波数の合わない人ってその人の良さをキャッチできにくいんだろうなと想像する.
周りは大絶賛だけれど,自分にはそれがイマイチ分からない.というのはそういうことなのではないかと...
ただ単に,自分が天邪鬼なだけである可能性も否めないのだが.

[PR]
# by ek_cat5 | 2017-09-19 07:43 | 些末なつぶやき

祭日ですが

京都に来てから,大学院生の頃のような生活に戻りました.
特に用事がなければ大体学校に来ています.
細々した仕事があるので,まとめて時間の取れる授業のない日はやはり貴重ですな.

自分のエントリを振り返りつつ,過去の登場人物とうまくいかなくなったことが多いなとおぼろげに思う.
ある種のデスノート的なものなのだろうか...orz

[PR]
# by ek_cat5 | 2017-09-18 09:53 | 日常

そろそろ後期が始まる話

前エントリで,ヤマト便が無事についたらこの場でと書いていたくせに(あえてこの言葉を使おう),書いていなかったことを半年くらい経って気づいた.
結論から言うと,無事に到着.
ただ,個人的に言うと引越しは大変なので,しばらくはやりたくないなと思う.

そろそろ後期が始まる.
前期はなんだか怒涛のように通過して,オープンキャンパスも一応完了した.
実験機材のデモや,模擬授業に際しては事務の某氏に大変お世話になった.
やっぱり,実験をするにしても何にしても学生がいないと言うのが辛いなと思っているが,昨日お邪魔した某研究室でのタコパでそこの研究室の院生の方が「いつでもやりますよ!」と言ってくださったのがありがたかった.
ここの研究室には,何だかんだで良い学生が集まるなといつも思わされる.
能力的にも,人柄的にも.
類は友を呼ぶのだと実感し続けている次第.

研究室で日が変わるまで飲んでいると言うのも久しぶりで面白かった.
京都に来て良かったと.
様々なところで折に触れて実感する日々が続いている.
素晴らしい方々に出会うたびに私も,精進せねばと改めて実感している.

[PR]
# by ek_cat5 | 2017-09-15 12:14 | 日常
年度替りの異動に伴い、関東から関西までの引越しでなんとか安く済ませる方法はないかなと、調べてみたところ。
ヤマト運輸の提供するサービスの一つであるヤマト便に辿り着く。
元々は大きな荷物や25kgを超えるような重い荷物を送るためのサービスらしいのだが、私のようになるべく安くダンボールを大量に送りたい人にも対応してくれている模様。
異動先から引越しに関する費用の補助がない!
ということで、勤務先→異動先と、自宅→異動先の2箇所からヤマト便で搬出してみた。
ちなみに関東の自宅→関西の自宅の搬出&搬入は3月初めに完了。
次の異動先が個室なのを良いことに、「余ったものは全てひとまず勤務先に送ってしまえ!!」という雑な判断をしたとも言える。
まあ、需要と供給のバランスであることはわかるのだが、3月も20日を過ぎると妙に高い。
私が関東の自宅から関西の自宅まで利用した引越し単身パックも一切の割引を割愛して、かつ何なら割り増し料金が発生するくらい。
みんなが動く時期だから仕方ない。
なので、私は自分の条件を最大限に生かした安価な方法を選べば良いのでは。
という結論に落ち着く。

引越し単身パックを職場間でもと思ったけれど、3月の最終週ともなると、時間指定ができない。
それなら、ヤマト便と同じやんけ。
ということで、昨日は職場からの搬出を、本日は自宅からの搬出をそれぞれやってきた。
昨日の職場は31個口の荷物。
本日は24個の荷物。

かたや16000円。
かたや6000円。

多分、そんなに重さが違うとかではない。
違ったのは、こちらで重さを測っていたかどうか。
前者は計っていなかったので全ての個口を1個、20kgで計算されてしまい(予めやっていなかった、私が悪かった)、620kgで(そんなにあるかーーーい!!)16000円ちょい(これでも安いけれどね)。
その反省を生かして、本日は重さを計っておいた。
24個。
一番重いもので17.5kg、一番軽いもので0.4kg。
24個の合計は220.1kg。
ということで、6000円ちょいというお会計になった。
何なら昨日もちゃんと計っておけば良かったなと反省(昨日は620kgで計算された)。
時間指定はできないので、昨日(東京都北区)は延々と夕方まで待たされたけれど(どうやら毎日の定例集荷が16時だったらしい←昨日聞いた&定例集荷が終わったので〜、ということで16時過ぎにお電話を頂けた)、本日(埼玉県南部)は朝の8時くらいに電話が来て、今日の何時くらいに伺いたいと思いますがご都合はいかがですか。と連絡をくださった。
事業所にもよるのかもしれないけれど、本日の対応であればヤマト便という選択も良いなと思った。

そして、何よりも大事なのは「やってもらう」というスタンスではなく、自分が率先して手を動かすことだと思う。
やはり相手も人間なので、客側から積極的に走り回り、手を動かすと、業者さんもやりやすそうに感じられる。

何だかんだ言っても、来週無事に届きますように!!
そして、本当に貴重なものや期日の重要なものは、高くつくけれど通常の宅配便で発送した。
無事に届いたかどうかは、またこの場でお話しできればと思う。

[PR]
# by ek_cat5 | 2017-03-29 14:04

World 66

ちょっと面白いかなと思ってやってみた.

b0038252_16533848.gif



visited 17 countries (7%)

何度も行った国もあるけれど,現時点での世界制覇は7%ほど.
[PR]
# by ek_cat5 | 2015-10-27 16:53 | Travel
前回のエントリに続いて,Air Canadaでカナダ国内を経由してアメリカに出入国する際のコツをまとめてみようと思う.
私が使用したのはバンクーバー空港.成田からも近くて(飛行機に乗っている時間が短い)便利.

私が行ったのは成田 ー バンクーバー ー ポートランド.
行きの飛行機で入国審査の紙を渡される際に,カナダに行くのか,アメリカに行くのか聞かれたので,アメリカの入国審査の紙を受け取る.
バンクーバー空港に到着して,国内線乗換という表示に従って歩いて行くと,だんだん寂れた風景になり,アメリカ行きはこちら,という表示が出てくる.
その表示に従って進むと,アメリカの入国審査&機内への手荷物検査がある.
この際にカナダへの入国審査の紙は必要なかったのだが,帰りはカナダへの入国審査の紙が必要で(ポートランドからバンクーバーへの機内でCAさんに聞いた),バンクーバー空港について国際線乗換に進むとカナダの入国審査の紙を提出した.

面白かったのは,手荷物検査がポートランド空港のみで,私の使用した経路だとバンクーバーでの手荷物検査がなかった.
そのため,お土産や水などの液体物も普通に購入して機内に持ち込むことができた.

航空会社のサービスとして良かったところ.
1.使用機材がキレイ(パーソナルモニタがあり,機内エンターテインメントが充実)
2.アルコール類が無料(往路ではビールを,復路ではビールと赤ワインを頂戴した)


行き先にもよるかもしれないが,カナダで乗り換えてアメリカに行く経路も私はかなりお勧めする.
バンクーバー空港.それほど広くないので乗換も大変ではなかったし,何よりも清潔感のある可愛らしい空港だった.
[PR]
# by ek_cat5 | 2015-10-08 14:36 | Travel